前進塾塾長の部屋

前進塾塾長の藤原です。前進塾は、北九州市八幡東区にある幼児から高校生を対象とした学習塾です。学習指導はもちろんですが、キャンプを始めとする体験行事も積極的に実施し、子どもたちの創造性の育成も目指しています。

前進塾のホームページ 前進塾公式サイト
前進塾のFacebook   前進塾公式Facebook
塾長のTwitter    
塾長のインスタグラム 海の鉄人のインスタ

もよろしくお願いします

ヤフーブログからお引っ越ししたので、コメントが全部消えちゃいました。
コメ、拍手何でもいいので、よければお願いします。



今日は「立夏」ですね

今日、5月5日(こどもの日)は二十四節気の一つの「立夏」です。
春分と夏至の真ん中が、「立夏」です。

ここ、九州では麦の穂が出始める季節で、
暦の上では今日から夏ですが、本格的な夏はまだ先で
暑くもなく寒くもなくさわやかな過ごしやすい時季

・・・・のはずですが、昨日といい、今日といい
昼は汗ばむような気温ですね。
天気予報では、明日も同じような気温ですね。
これも、温暖化の影響でしょうか。

さて、沖縄と奄美地方は今日梅雨入りしたとのことです。
九州北部は6月初旬だから後1か月後ですね。

ところで、梅雨って日本だけと思っている人も多いようですね。
日本でも、北海道には梅雨がないことは、
中学校でも学習します。

ところが、海外の梅雨って、教科書には載っていません。
結論から言うと梅雨は日本以外にもあります。
国境は人が決めたものなので、当然といえば当然で
近隣の東アジアの国々(韓国・北朝鮮・中国・台湾)
にも梅雨という季節はあります。
ただし、雨の多い時季は他の地域にもありますが、
2つの気団が押し合いをするという、同じ仕組みではないので、
日本と同じ梅雨は日本とその周辺諸国だけのものなんです。

ちなみに、次の二十四節気は、
5月21日(金)の「小満」です。

新入生歓迎遠足

4月18日(日)に「新入生歓迎遠足」を実施しました。
第1目的地は、イチゴ農園「花の海」です。

イチゴ狩り

西日本最大と言うだけあってサッカーコートと同じくらいのハウスがいくつもありました。対応も職員の方がバスの中まで来て、おいしいイチゴの取り方と食べ方を伝授して下さり完璧です。
ハウスに入ると、あま~いイチゴの香りで頭の中はイチゴ一色です。子どもたちは勿論、私たちもその甘酸っぱい味を充分に堪能しました。食べ放題のうえ時間制限がないので、子どもたち全員が満足するまで滞在させていただきました。
その後は近くの、「乃木浜総合公園.」に行って昼食をとりました。

昼食後は、遊具や広場でしばらくは自由時間。持ってきたボールやなわとびで、ボール遊びをする子やなわとびをする子、遊具を使って鬼ごっこ(?)をする子とみな思い思いの遊びで走り回っています。あっという間に時間は過ぎ、最終目的地へ。
最終目的地は下関市の水族館「海響館」です。

中に入ったら後はグループ行動。小学校低学年だけのグループ
あったので少し心配していましたが、イルカショーにもきちんと現れ、最終集合場所にも遅れることなく集合できました。賢い子達です、予定時刻通りに出発しました。
ちなみに、海響館は20周年記念で、特別な「アシカとイルカショー」が行われています。飼育する9頭のイルカ全員が出演しての特別な「アシカとイルカショー』です。次回実施は25日(日)
でこれが最後です。迫力のイルカショーを見るなら25日がラストチャンスです、
海響館出発後、高速は工事中なので関門トンネルへ行ったのですが、皆さん同じ考えのようで、料金所通過に少し時間がかかり予定より15分ほど遅れてしまいました゜
到着したら保護者の迎えの車で止められるかなぁと思っていながらいざ到着すると、「駐車車両0」。子どもたちがline等で連絡を入れた効果ががあったとしても保護者の方の気遣いに感心しながら生徒達を降ろし私はレンタカー屋さんへとバスの返却に向かいました。
今更ながら、子どもたちの賢さと保護者の方の心遣いに感心させられました。
集合から解散まで何の問題もなく、全て順調にこなすことができました。これは、賢い子供他の行動と、保護者の方々の心遣いのお陰です。子どもたちのモラルの高さと共に、保護者の方のお気遣いに感心させられる1日でした。
次は、「七夕パーティー」の予定です。去年は中止しましたが、今年は、対策をとった上で何とか実施したいと考えています。皆さん期待していてください。

天までとどけ

新聞局勤めの会社員(綿引勝彦)が父親、専業主婦(岡江久美子)のもとに最終的には13人の子供がくりなす丸山家を舞台とした家族ドラマです。
熊本から、八幡の実家に引っ越してきた夏に始まり、合計8回のシリーズがありました。

両親
【父】丸山雄平(
綿引勝彦)=新聞記者
【母】丸山定子(岡江久美子)=専業主婦
 ※岡江久美子さんは昨年コロナで、綿貫克彦さんも昨年お亡くなりになりました。(合掌)
  綿貫さんは、自分の先入観ですがこのドラマまでは強面で、時代劇の悪代官役のようなイメージで、お菓子の下に金貨の入った賄賂なんかをもらって、「そちも悪よのう。」何て言うイメージでしたが、このドラマで完全に変わりました。

子供

【1】長男「正平」(
高尾晃市)=高3から結婚まで、実生活はプロのマジシャン
【2】長女「待子」(若林志穂)=高2から、
後に高校の先生と結婚して「和田待子」
              その後、死別したが、獣医師の和田と結婚出産。現在は芸能界を引退。
【3】次男「信平」(
河相我聞)=中3から後にボストン留学で出演なし。現在も俳優業。
【4】三男「
公平」(金杉太朗)=中1から料理学校を経てシェフに。
                シリーズ終了後の2008年5月に事故で他界。                                      
【5】四男「五郎」(
須藤公一)=小6から警察官になって近くの交番勤務まで。
【6】次女「六都子」(滝沢幸代)=小学生から始まりさまざまなバイトを転々とする。
                現在は引退して一般人。
【7】三女「七穂子」( 一瀬奈織)=小学生から大学を中退して劇団へ。
                 芸能界は引退。

【8】四女「八菜子」(山田飛美)=小学校から美容師見習いまで。
                 大学進学を機に芸能界を引退し、大学卒業後は大手人材派遣会社に就職。33才で独立。                                    

【9】五男「九」(湯澤真伍)=小学校から高校まで。現在は芸能界を引退。
【10】六男「十郎」(日吉孝明)=6歳から高校生まで。高校生で芸能界を引退
【11】七男「士郎」(蛭田順也)=4歳から中学生まで。現在は芸能界を引退し一番企業に勤務。
【12】八男「十次郎」(中村端樹)=3歳から中学生まで。芸能界を引退し一般企業に勤務。
【13】五女「十実子」(藤井ひと美)=このドラマ途中で生まれ小学生まで。現在はTBS勤務。

味のある良いドラマでした。現在でも全編ビデオに残っています。
ギャラリー
  • 新入生歓迎遠足
  • カッターマン
  • 1月15日分日々の演習
  • 1月8日分日々の演習
  • 1月7日分日々の演習
  • 1月6日分日々の演習
  • 海の中道青少年海の家
  • 海の中道青少年海の家
  • 海の中道青少年海の家
お越しいただいた方
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージ

名前
メール
本文